【鹿児島市のパーソナルトレーニングジムが教える】気になる体脂肪を短期間で落とすダイエット方法その②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〜第2章 カロリー制限・食べないダイエット

で痩せない理由〜


ダイエットの基本は、摂取カロリー(食べたカロリー)が消費カロリーを上回れば痩せます。

(失敗する方はここで早い結果を求める為、極端に減らしてしまいます。)

カロリーを制限するので必然的にカロリーが高い食べ物(肉、魚、卵、チーズなど)が

十分に食べられなくなります!

カロリーを制限すると必然的に量も減らすのでお腹が空き、空腹を我慢します。

栄養が足りなくなり、筋肉・ホルモンの材料となるタンパク質、脂質が十分に摂取できない為、

筋肉が減り、肌も髪もボロボロになり貧相に痩せていきます。

筋肉が減る(=基礎代謝が減る)為、体が低燃費状態になります。


そして、食事で作ったこの低燃費の体にさらに追い打ちをかけるかのように皆さんは

有酸素運動を始めます。


スポーツジムでよく見かける有酸素マシンを使用している方のほとんどが女性ですよね。
有酸素運動もやりすぎは低燃費の体を作る原因です。

 


筋肉には、速筋と遅筋と2種類の筋肉繊維があります。


速筋は主に短距離走や筋トレなどの短い時間で大きな力を発揮できる筋肉です。
しかし、瞬間的に力を出すことができても発揮できる時間が短いです。
短い時間で大きな力を発揮する為、カロリーをたくさん消費するのが特徴です。

遅筋は主にマラソンなどの長時間、力が必要な時に使う筋肉です。
大きな力は発揮できませんが、長く力を出し続けることが出来ます。
長く力を出し続けなければならない為、できるだけカロリーを消費しないように

働くのが特徴です。

わかりやすく車で例えると『速筋=アメ車』『遅筋=エコカー』なので、

有酸素運動ばかりしてしまうとどんどん低燃費になり、カロリーを消費しにくい体になってしまいます。
極端な食事制限+有酸素運動は低燃費の体を知らず知らずのうちに作ってしまいます。


そしてダイエットをやめて普通の食事をすると基礎代謝が低くなっている為、食べた物を消費しきれなくなり、前以上のリバウンドをしてしまいます。

とても悪循環なダイエットをしてしまっているのです。
以上、太るメカニズムについてでした。


次回は、どういう食事で痩せていくのか、痩せるメカニズムについて書いていきます。

ご参考までに‼

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。