筋トレ

【鹿児島市のパーソナルトレーニングジムが教える】気になる体脂肪を短期間で落とすダイエット方法その①

ダイエットは女性にとって永遠のテーマです。ダイエットしたいと思いつつも

「明日から…」とついつい先延ばしにしてしまってはいませんか?

また、いざダイエットを始めても1日1食だけや野菜だけなど極端な食事制限と

有酸素運動だけのダイエットをしていませんか?

最初は多少体重も減るのできつくても頑張れますが、徐々に体重が減らなくなり、

頑張っているのに結果が出ないことにイライラします。

イライラに耐え切れずダイエットを辞め、今まで我慢していたことで暴飲暴食に走り、

その結果ダイエット前以上にリバウンドしてしまいます。

そして、前以上にリバウンドしてしまったことに後悔し、自分を責めてしまいます。


あなたがダイエットに失敗したのは、決してあなたの意志が弱いわけではありません。
正しくダイエットについて理解した上で取り組めばリバウンドは防げますし成功します!


では、これから具体的にダイエットの方法について書いていきます。


〜第1章 なぜ人は太ってしまうのか〜


まずは皆さん、痩せる方法は調べて知っていても太る原因はご存知でしょうか?
お菓子の食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎ、不規則な生活、代謝が悪いなどなんとなくはわかるけど、

メカニズムを知らない方が多いのではないでしょうか?


メカニズムがわからないままだと『ダイエット➡リバウンド➡ダイエット』

の繰り返しになってしまいます。


ここでしっかりと理解しましょう!

では、なぜ太ってしまうのか?

その大きな原因は糖質の過剰摂取です。

まず、炭水化物(糖質+食物繊維)に含まれる糖質を大量に食べると

血液中のブドウ糖が増えていきます。

ブドウ糖が血液中に増える(=血糖値が上がる)と血管の中を通りにくくなり、

ブドウ糖が詰まって血栓になり、血管を傷つけてしまいます。

そうならない為に膵臓から『インスリン』を出して、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓に

運び血糖値を下げようとします。(途中からの糖尿病の方は、このようにして糖質の

過剰摂取が原因でインスリンが出過ぎた為、膵臓が機能しなくなるのです。)

筋肉に運ばれたブドウ糖は運動する時にエネルギーとして使われますが、

糖質の摂りすぎで消費しきれない方が多いです!

こうやって余ったブドウ糖は脂肪細胞に運ばれ『脂肪』となり体内に蓄積します。
これの繰り返しで太るのです。

なので、1回食べ過ぎた程度で太るのではなく、毎日の糖質の過剰摂取の蓄積で

徐々に太っていくのです。

以上が大まかな太るメカニズムです。

ご参考までに‼

【女性がダイエットをする際の運動は有酸素運動?筋トレ?どれが正しいのか】

よくスポーツジムなどで何時間も有酸素運動をしている方を多くお見掛けします。

他の目的がある方はそれでもいいと思いますが、ダイエット目的でやられているのであれば今すぐやめたほうがいいでしょう。

有酸素運動は長時間してしまうと、強度にもよりますがほとんどが脂肪燃焼ではなく、筋肉を減らす方に働きます。

筋肉が減ってしまうと代謝が悪くなり、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

ダイエットの効果を最短で得るには、まずは代謝を上げること。

代謝を上げる方法としては、筋トレでしっかり筋肉をつけることです。

筋トレで筋肉が付けば、代謝も上がり、ボディラインも整います。

なので、ダイエットを行う時は迷わず筋トレでサクッと痩せましょう。

ご参考までに!

【糖質がやめられないあなたのダイエットの始め方】

現代の日本は、糖質の食べ物であふれています!

このような状況でダイエットを始めたいけど、『糖質をやめなられない』『お昼の定番はコンビニのパスタかおにぎり』などこういうことが原因で、なかなかダイエットに踏み切れない方が多いのではないでしょうか?

また、これらがやめれないから私はダイエットできないんだと諦めていませんか?

そんなことありません。

ちょっとした工夫で少しずつではありますが、結果は出ます‼最初から諦めず、まずは試してみましょう。

糖質で太る一番の原因は血糖値なので、血糖値が急上昇しない食べ方をすればいいのです!

例えば、糖質を色の付いたものに変更していきます。

白米➡玄米、麦 うどん➡そば 食パン➡ライ麦パンなどこのような感じで変えていき、量も減らしてみましょう。

それだけでも変化はありますよ!

また、おにぎりなども鮭やシーチキンなど動物性のタンパク質の入ったものと摂ることで抑えられます。

あと、納豆などネバネバ、ドロドロしたものと一緒に摂ることもおすすめです。

ご参考までに!

 

~☆無料カウンセリング受付中☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あの人が痩せたダイエット法でもあなたには効果がないことも多々あります。

性格、生活スタイル、体型が人それぞれ違うように、ダイエット法も人それぞれ違います。

まずは、無料カウンセリングであなたのダイエットの悩み、今の状況をお聞かせください!

あなたの今までのダイエット経験、日常生活、目標、現状、体型からあなたに適したあなただけのダイエット法をご提案させていただきます!

 

 

無料カウンセリングのお申し込みは 【お電話】または【メール】 にてお申込みいただけます。

HP : http://www.beauty-lower.com/lp
TEL :  099-294-9665
(お電話でのお問い合わせ時間 定休日の月曜を除く9時~19時)

メール : inf-b@beauty-lower.com

公式LINE : 

※折り返しのご連絡はお電話かメールどちらかの、ご都合の良い方をお選びください。お問合せから24 時間以内に折り返しのご連絡を致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【ダイエットの選択肢】

ダイエットをする際に食事制限は必要です。

主な食事方法は、糖質制限、脂質制限、カロリー制限の3つになります。

どれを選ぶかは自由ですが、ダイエットは必ず『何かを食べて、何かを少なく』しないと痩せないということですね!

自分の好きな食べ物とかと照らし合わせて決めればいいと思います。

これに+筋トレをしないと、リバウンドしやすくなりますのでご注意下さい。ご参考までに!

《最小限の努力で最大限の効果を》

【貯金だけでなく貯筋も必要】

目的が痩せるためだけなら、筋トレは必要ありません。

食事を変えるだけで痩せられます。

しかし、健康・スタイルアップが目的なら筋トレは必要です。

普通に生活しているだけで筋肉は年々減っていきます。

特に姿勢を維持する筋肉が衰えやすく、衰えることで、猫背や腰痛、肩こりなどを引き起こし、最終的には寝たきりになります。

貯金も大事ですが、寝たきりにならないように、若いうちから貯筋を始めましょう!

《最小限の努力で最大限の効果を》

【ダイエットの基本の食事】

ダイエット時の食事で悩む方は多いのではないでしょうか?

そんな方にダイエット時の食事についてお話します。

まず基本は、3食以上食べる事です。

いま、2食の方は、3食食べること、3食の方は4食食べることから始めましょう!

内容ですが、摂りすぎている糖質を制限するのは大事ですが、制限しすぎるのはNGです。

まずは、いきなり厳密に糖質を制限するのではなく、砂糖、粉物を使っている食べ物を食べないもしくは少なくすることから挑戦してみます。

自然とダメなものがわかってくるのではないでしょうか?

お菓子、うどん、パン、揚げ物などですね!

これらも全く食べれないというわけでもなく、小麦粉をおからに変えたりと工夫したら食べれます。

いきなり厳密にせず、小さいことから始めましょう!

《最小限の努力で最大限の効果を》

【ダイエットに踏み切れないあなたへ】

ダイエットをしたいが、お菓子をやめられない、お酒を飲みたいなどいろいろな理由が邪魔をして、なかなかダイエットに踏み切れない人が多いのではないでしょうか?

目標が『痩せたい』だけのぼんやりとした目標だから、踏み切れなかったり、始めてもなかなか続かないのではないですか?

いきなりダイエットするのではなく、穿けないズボンを穿けるようにする、動かない体重を2㎏落とすなど何でもいいので、まずは小さな目標でもいいので決めましょう。

その目標をクリアしたら、次の目標を立てて挑戦するを繰り返していくことで、着実に成果が出ます。

まずは、小さな目標から!《最小限の努力で最大限の効果を》

【ダイエットは何をしたら痩せれるのか?】

世の中に色々なダイエット法があり、結果何が正しいかわからないあなたへ。

はっきり言って、楽して痩せようなんて考えは捨てて下さい。

楽しようと考えている限り痩せません!

痩せるための基本は、やっぱり食事と運動です。

食事だけで痩せてもスタイルはよくなりません。

人間である以上そこは変わらないと思います!

流行りに飛びつかず、基本を守りましょう。

《最小限の努力で最大限の効果を》

【ダイエット時の筋トレは何をしたらいいのか】

 

ダイエット時のトレーニングは何をしたらいいか迷いませんか?

決まりはありませんが、ご自分でダイエットに励む際におすすめの鍛える部位をお教えします。

それは、胸、背中、お腹、お尻、脚の5部位をトレーニングするといいでしょう。

なぜかといいますと、体の中でもこの5部位が大きな筋肉で、鍛えることで早く筋肉が付き、基礎代謝が上がりやすいです。

鍛える際も一日に全部するのではなく、週2回にわけて、1日は胸、お腹、脚 2日目は背中、お腹、お尻 または1日は胸、背中、お腹 2日目は脚、お尻、お腹という風に2日にわけて行うと効果的です。

週1回しか時間が取れない方は、まとめてしてもいいですが、1時間以内に終わらせるようにしましょう。

1時間を超えるトレーニングは効果を半減させてしまいます。

女性も男性も共通ですのです。なんのトレーニングをしていいかわからない方は、ぜひ、ご参考までに(^^♪

ダイエットはしたいけど、筋トレで逞しくなるのは嫌。

おはようございます!(^^
女性の悩み「体型」。ゆったりとした服で隠しても、やはり自分の心から隠す事は難しいですね。
筋トレは体型を美しく向上させるために大切です。

でも・・・『筋トレをすると体がゴツゴツなるんではないか』と思ってはいませんか?
確かに間違った筋トレを続けるとゴツゴツなります。

どこの筋肉をつけると綺麗な曲線美ができるのか、考えて筋トレをしないと失敗してしまいます。
なので、がむしゃらにトレーニングするのではなく、しっかり考えてトレーニングしましょう!

まずは相談してみませんか?
無料カウンセリング受付中→ https://goo.gl/SVHTLA