骨盤矯正

【鹿児島市のパーソナルトレーニングジムが教える】気になる体脂肪を短期間で落とすダイエット方法その②

〜第2章 カロリー制限・食べないダイエット

で痩せない理由〜


ダイエットの基本は、摂取カロリー(食べたカロリー)が消費カロリーを上回れば痩せます。

(失敗する方はここで早い結果を求める為、極端に減らしてしまいます。)

カロリーを制限するので必然的にカロリーが高い食べ物(肉、魚、卵、チーズなど)が

十分に食べられなくなります!

カロリーを制限すると必然的に量も減らすのでお腹が空き、空腹を我慢します。

栄養が足りなくなり、筋肉・ホルモンの材料となるタンパク質、脂質が十分に摂取できない為、

筋肉が減り、肌も髪もボロボロになり貧相に痩せていきます。

筋肉が減る(=基礎代謝が減る)為、体が低燃費状態になります。


そして、食事で作ったこの低燃費の体にさらに追い打ちをかけるかのように皆さんは

有酸素運動を始めます。


スポーツジムでよく見かける有酸素マシンを使用している方のほとんどが女性ですよね。
有酸素運動もやりすぎは低燃費の体を作る原因です。

 


筋肉には、速筋と遅筋と2種類の筋肉繊維があります。


速筋は主に短距離走や筋トレなどの短い時間で大きな力を発揮できる筋肉です。
しかし、瞬間的に力を出すことができても発揮できる時間が短いです。
短い時間で大きな力を発揮する為、カロリーをたくさん消費するのが特徴です。

遅筋は主にマラソンなどの長時間、力が必要な時に使う筋肉です。
大きな力は発揮できませんが、長く力を出し続けることが出来ます。
長く力を出し続けなければならない為、できるだけカロリーを消費しないように

働くのが特徴です。

わかりやすく車で例えると『速筋=アメ車』『遅筋=エコカー』なので、

有酸素運動ばかりしてしまうとどんどん低燃費になり、カロリーを消費しにくい体になってしまいます。
極端な食事制限+有酸素運動は低燃費の体を知らず知らずのうちに作ってしまいます。


そしてダイエットをやめて普通の食事をすると基礎代謝が低くなっている為、食べた物を消費しきれなくなり、前以上のリバウンドをしてしまいます。

とても悪循環なダイエットをしてしまっているのです。
以上、太るメカニズムについてでした。


次回は、どういう食事で痩せていくのか、痩せるメカニズムについて書いていきます。

ご参考までに‼

 

【女性がダイエットをする際の運動は有酸素運動?筋トレ?どれが正しいのか】

よくスポーツジムなどで何時間も有酸素運動をしている方を多くお見掛けします。

他の目的がある方はそれでもいいと思いますが、ダイエット目的でやられているのであれば今すぐやめたほうがいいでしょう。

有酸素運動は長時間してしまうと、強度にもよりますがほとんどが脂肪燃焼ではなく、筋肉を減らす方に働きます。

筋肉が減ってしまうと代謝が悪くなり、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

ダイエットの効果を最短で得るには、まずは代謝を上げること。

代謝を上げる方法としては、筋トレでしっかり筋肉をつけることです。

筋トレで筋肉が付けば、代謝も上がり、ボディラインも整います。

なので、ダイエットを行う時は迷わず筋トレでサクッと痩せましょう。

ご参考までに!

【普段運動しない方が、プロテインを飲むと太るのか】

一般の方で、プロテイン=運動しないで飲むと太る、ボディビルダーが飲む物と思っている方が多いのではないでしょうか?

決してそのようなことはありません!

むしろ飲んだ方がいいです。

そもそもプロテインは、タンパク質です。

種類にもよりますが、主に大豆や牛乳を原料に作られています。

なので、肉や魚を食べているのと何も変わりはありません。

また、現代人はタンパク質の摂取量が減っています。

特に日本の食事は、糖質たっぷりの食べ物で溢れています。

そのため、意識してタンパク質を摂取しないと、筋肉維持はもちろん、筋肉が減ることでどんどん太りやすい体質になっていきます。

一般の成人の方が1日に摂取した方がいいタンパク質の推奨量は(体重×1g)とされています。

最低限このぐらいは摂取しないと、筋肉の維持などには対応できません。

この量を肉だけで摂取しようとすると量ももちろんですが、余計な脂まで摂取してしまい太りやすくなる可能性があります。

また、人によってはこの分の量を食べれない方もいます。

プロテインだけでタンパク質を摂取するのは、消化吸収などの面も含めて理想的ではありませんが、量が食べれない方、太っていて自分の量を摂るのに余計な脂まで摂取してしまう方には、あくまでも普通の食事をした上で、足りない分を補う感じでプロテインを活用していただく形だといいと思います。

プロテインをは決して運動している方だけの物ではありません。

用途に合わせて使い分けていきましょう。

ご参考までに‼